1日も早く、1人でも多くを
サポートする人間を目指して

髙橋 厚希 TAKAHASHI ATSUKI

本社 人事総務室

2016年入社

髙橋 厚希

Q.

古島の印象と入社の理由を
教えてください。

専門学校の求人票を見て会社説明会に参加したのが、古島を知ったきっかけです。最初に強い印象を受けたのは、やはり創業100年を迎える歴史。その上で取り扱っている商品は、普段目にすることは少ないですがビルや工場などの建築物には必要不可欠なものや、水道・ガスなどのインフラを支える重要な物であることを知り、興味を持ちました。入社の決め手は、説明会の時の人事担当者や先輩社員の人柄と社内の雰囲気の良さです。話をさせてもらう中で、聞きやすい環境や風通しの良い社風を感じ、ここでなら仕事を通じて自分自身が成長できると思い、入社を決めました。

髙橋 厚希

Q.

髙橋さんの感じる『古島の強み』
は、どんなところですか?

上司や先輩社員に何事も質問しやすい雰囲気があり、親身になってサポートもしてくれ、仕事に取り組みやすい環境があることです。私も入社前は株式に関する知識が乏しかったのですが、新人研修などを通して、上司や先輩が時にはマンツーマンで丁寧に教えてくれたことで、安心して業務に向き合えることができました。加えて、100年の歴史はやはり大きな強みだと感じます。100周年事業として株主様と関わる仕事もさせていただきましたが、その時には株主の方々からも長く大きな信頼を受けている会社であることを改めて感じました。

Q.

髙橋さんの仕事内容について 教えてください。

人事総務室に所属しており、株式やISO、資産などの管理業務を中心に行っています。仕事内容は多岐に渡るのですが、最も達成感を感じるのは株主総会の時です。会社全体の事業に関わる重要な業務ですので、準備には3~4カ月ほどを要します。それだけに無事にやり遂げた時の達成感は大きく、やりがいを感じる瞬間ですね。入社2年目の時には、株主総会に関する書類の新規フォーム制作に携わりました。いろいろと苦労を重ね、時間を掛けて完成した新しいフォームが、実際の株主総会で使用されていたのを見た時は感動しました。

Q.

仕事を通じて、
どんなことを学びましたか?

事務作業が多くありますので、正確で迅速な事務処理ができるように、確認作業を徹底しています。例えば、ミスを起こしてしまうと、そのミスを補うための余計な時間が必要となるので、限られた時間内にいかに効率良く業務を行えるかを常に考えるようになりました。また上司からは「仕事は価値が高いか、低いかで選択してはならない。必要だから、その仕事はある。常に周りの人のために何ができるのか?を意識することが大切」だと、入社当時に教えてもらったことは、今でも心の中に残っています。

髙橋 厚希

Q.

髙橋さんの感じる『古島の強み』
は、どんなところですか?

上司や先輩社員に何事も質問しやすい雰囲気があり、親身になってサポートもしてくれ、仕事に取り組みやすい環境があることです。私も入社前は株式に関する知識が乏しかったのですが、新人研修などを通して、上司や先輩が時にはマンツーマンで丁寧に教えてくれたことで、安心して業務に向き合えることができました。加えて、100年の歴史はやはり大きな強みだと感じます。100周年事業として株主様と関わる仕事もさせていただきましたが、その時には株主の方々からも長く大きな信頼を受けている会社であることを改めて感じました。

Q.

今後の目標と就活生への
メッセージをお願いします。

この仕事を通じて、さまざまな知識が身につき、いろいろな経験をさせてもらっています。しかし、知識・経験ともに足りないと感じることはまだまだ多いです。これからも知見を深めて、1日でも早く、1人でも多くの社員やお客様に頼られる人間になることが、今の私の目標です。就活生の皆さんには、まず自分が何をやりたいのかを決めることをお勧めします。決して妥協せずに、就職活動における軸をしっかりと持って、実りある時間や経験になるように頑張ってほしいと思います。