周りからのサポートで
未経験でも着実に成長

西牧 優里 NISHIMAKI YURI

東京支店 第二営業室

2019年入社

西牧 優里

Q.

入社までの経緯を
教えてください。

古島について、就職活動前はあまり意識していない業界だったので、明確なイメージは持っていませんでした。しかも前職では業界・職種ともに、まったく違うことをやっていたので建築業界や事務職についての知識不足も心配でした。しかし、合同説明会で人事担当者が事業内容や業務内容を丁寧に説明してくれたことで、古島という会社が少しずつ理解でき、興味を持つようになりました。その上で、説明会や面接でお会いさせてもらった社員の方々の雰囲気がとても良かったことや、就業形態が自分の希望と合致していたこともあり、入社を希望しました。

西牧 優里

Q.

『仕事のやりがい』や
『古島の良さ』は、どんなところですか?

お客様とのやり取りは主に電話なので、丁寧な電話対応を心がけています。その中で、自分が担当になったお客様に名前を覚えていただいたときや、何気ない感謝の言葉をいただいたときは嬉しいですね。仕事でやりがいを感じるのは、急な納期の注文に対して、すべて滞りなく手配できたとき。思わず「やった!」という達成感を感じます。私の感じる古島の良さは、先輩や上司へ相談のしやすい雰囲気があることです。困りごとがある時に、一人で抱え込まず一緒に解決してくれる仲間がいるのは良いところだと思います。

Q.

西牧さんの仕事内容について 教えてください。

入社当時は事務未経験でしたので、先輩社員に付いて伝票の書き方から入力方法などを、1から実践的に教えていただきました。仕事で最も難しいと感じるのは『商品知識の習得』です。とにかく取り扱い商品の点数が多く、使用方法や利用シーンがわからないので、その都度質問をして覚えていきました。また1商品に対してもサイズ違いがあり、ときには品名の呼び方が複数あるため、自分が覚えているのとは違う品名で注文が入り、混乱することもあります。現在の業務で一番の課題として取り組んでいるのは、更なる商品知識の習得です。なので今は、先輩社員を質問攻めにしています。(笑)

Q.

仕事を通じて、
どんなことを学びましたか?

「知らないことやあやふやな記憶をそのままにしない」ということです。そうした怠慢は必ずミスにつながるので、分からないことは先輩や上司にきちんと確認するようにしています。また先輩社員に教わったことですが「過去は振り返らないこと」も大切です。例えば、ミスをした際に反省する意識は必要ですが、いつまでもミスを引きずっていては、次にはつながりません。気持ちを切り替えて、次の仕事に取り掛かるようにしています。仕事の技術面においては、まだまだ足りないところが多いので、少しでも多くの技術や知識が身につくように現在努力中です。

西牧 優里

Q.

『仕事のやりがい』や
『古島の良さ』は、どんなところですか?

お客様とのやり取りは主に電話なので、丁寧な電話対応を心がけています。その中で、自分が担当になったお客様に名前を覚えていただいたときや、何気ない感謝の言葉をいただいたときは嬉しいですね。仕事でやりがいを感じるのは、急な納期の注文に対して、すべて滞りなく手配できたとき。思わず「やった!」という達成感を感じます。私の感じる古島の良さは、先輩や上司へ相談のしやすい雰囲気があることです。困りごとがある時に、一人で抱え込まず一緒に解決してくれる仲間がいるのは良いところだと思います。

Q.

今後の目標と就活生への
メッセージをお願いします。

まず、もっと商品知識を広げたいと思っています。そして先輩社員のように、手際よく事務作業が行えるように技術を磨いていきたいですね。入社を考えている皆さんには、古島は先輩や上司にフォローしてもらいながら成長できる職場であることをアピールしたいと思います。事務職が未経験だった私も、まわりの方々に助けてもらいながら、少しずつ知識や技術を身につけてきました。就職活動中はいろいろと悩みも多いと思いますが、一緒に働けるのを楽しみにしています。女性社員には制服も用意されるので、それもメリットですね。